脳内記録

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
※ただただ暗いよ
大学時代の友人の訃報が届いた。
しかも自殺・・・・

それについての自分の心の中の整理のために書くので暗いよ。
大学時代一番一緒にいたグループの中でも一番仲の良かった男友達。
アニメの話やら、ゲームの話やら、授業の話、サークルの愚痴。
なんでも気楽に話せるいいやつだった。
背の高い友人と、そいつ背の低いところをよーからかってた。

そいつはBUMPが大好きで、私も元からBUMPは好きだったけど、
そいつのおかげでより好きになった。
昨日、ふとpresent from you というアルバムのプレゼントって曲が
聞きたくなって、iTunesで探してたんだ。
iPodの中に入っているはずなのに、なぜか消えてたんだ。
あいつに貸してもらって入れたはずなのに・・・

結局見つからなくて25動で聞いたんだけど仕事で疲れてたのもあり、ぼろぼろ泣きながらその曲聞いてたんだ。
そいつにアルバム貸してもらって曲入れて。プレゼントはBUMPの楽曲の中でもベスト3に入るぐらい好きな曲。

昨日は特になんとも思わなかったけど、
今思うと、最後のあいさつみたいな、東京まで来てくれたのかもしれない。
この曲聞けよ、がんばれよ、みたいなメッセージだったのかなぁ。

今、思い出したんだけど、プレゼントをはじめて聞いたのは、あいつといったカラオケだったなぁ。
知らないって言ったら、「え、知らんの?すげーいい曲だよ!」って熱唱してくれたなぁ。

それをこのタイミングで聞きたくなるって。
ただの偶然でも、結び付けてしまうわ。

http://www.youtube.com/watch?v=9zcdIpT2dW8&feature=colike


同じゼミに入って、先生にびくつきながら卒制作ったり、
プログラミングの授業で揃って先生から延長を言い渡されたり
全然うまくいかない文化祭の準備で愚痴聞いてもらったり
誕生日をサプライズで祝ったり、祝われたり、みんなでキャンプ行ったり
BUMPオンリーのカラオケで全曲歌ったり
楽しかった思い出ばかり思い浮かぶ。

最後に話したのは2ヶ月ちょい前か。

大学の先生に呼ばれて福岡戻ってるときに、飲み会するから、おいでよ!みたいな話だったか。
あんま無茶するなよーとは言ったけど、もう十分すぎるほど無茶してたんだろうな。

その電話の数週間前に珍しく電話がかかってきて
今の仕事がしんどい、つらい、勤務時間が朝の11時ぐらいから深夜3時、4時で
ごはんも一食ぐらいしか食べてない
もう辞めようかと思っている、今後どうしようか悩んでいる
そんな電話だった。
今思えば、私にそんな電話をかけてくるなんて、相当に逼迫していたんだろう、
いっぱいいっぱいだったんだろう。
それなのに私は、せっかく働けるのにもったいないとか、
社長に文句言えよ、ちゃんとごはん食べなきゃだめだよ とか。
そんなことばかり言ってしまった。
そんなんできてたらとっくにやってるよね。
できなくてどうしようもなくて電話してきてくれたのかもしれない。
相談じゃなくて助けを求めていたのかもしれない。
なんでもっと体のことを気にかけてやらなかったのか。
無茶するなって言っても無茶する性格なのを知ってたのに
もっとマシなアドバイスなりができなかったのか。
悔やんでも悔やんでも悔やみきれない。

私がいくら落ち込んで、悔やんだところであいつとはもう二度と会えないし、
話せないし、ご飯も食べれないし、カラオケも行けない、愚痴も言えない
分かってはいるのだけれど、つらい・・・ 辛すぎる。

まだ23だよ。大学卒業したばっかりだよ。
やりたいことまだまだいっぱいあっただろうに。
死んだらもう何もできないのに。
あいつは自ら命を絶ってしまった。

辛かったろう
苦しかったろう
でも自分ではもうどうしようもなく、
現状を変えることができなかったんだろう

妙なところで頑固だったから
逃げるということができなかったのか
死ぬということでしか逃げられなかったのか

その心情を思うと悲しくて虚しくてやりきれない

なんでその選択しかできなかったの
死ぬまでせんでいいやん


もしも、電話もらったときに
会社を辞めなさい、体大事にしなきゃだめだよ、がんばりすぎだよとか言っていたら少しは変わったのだろうか、
年賀状出したいから住所教えて ぐらい連絡したらもしかしたら変わっていたのだろうか
あんな電話があったのだからもう少し気にしておくべきだったんだ。

”もしも”とか”しておけばよかった”とかそんなことばかりが頭をよぎる。


今日の夕飯食べるのでさえ、いつもはなんとも思わないのに
ご飯を食べる、おいしいと感じることができる それだけで特別なこと、幸せなことに思える。

両親は元気だし、友達とも遊べるし、朝起きて、ごはん作って、食べて、好きなゲームして
絵を描いて、楽しんで仕事して。辛いときもあるけど、頼れる先輩や同期に恵まれて。
私の当たり前は、あいつにとっては当たり前じゃぁなかったんだな
私は怖いぐらいに恵まれている、もっと感謝しなければ罰が当たる。そう思う。

もっと友達を大切にしよう、自分から連絡を取ろう。
当たり前のことに感謝しよう。辛いときは抱え込まないようにしよう。

お葬式は身内だけで行うそうだ。
49日過ぎたらお線香を上げに行こう。

1月12日 今日という日を私は忘れない。
BUMPを聞くたびにあいつのことを思い出すよ。

せめて、むこうではゆっくり休んで、心安らかに眠って欲しい。
スポンサーサイト
 画像あり コメント(1)
コメント
----

わたしの友人も去年自殺した。彼女もいたし、大手に勤めてて友達もたくさんいた人だった。お通夜にでたけどいまだに嘘みたいに思う。彼も仕事に悩んでいたらしい。
しばらく引きずったよ。
たまに思い出す。
なんでってみんな泣いてた。
いまでも理由は分からない。
これ以上犠牲をださないですむように、人の繋がりを大切にしたい。
by: ちょり * 2012/01/19 00:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aogalaxy.blog55.fc2.com/tb.php/1071-fd4b2c89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。